【違いは何?】プライムイングリッシュとネイティブイングリッシュを比較してみました

仕事で会話を使わなくてはいけない方、海外ドラマにはまって字幕なしで楽しみたい方、海外旅行に行く予定の方、とりあえずかっこいいから英語は話せるようになりたい!という方、事情は様々ですが英会話をマスターしたい方はたくさんいらっしゃるでしょう。

英会話をマスターするためには、英会話スクールに通ったり、ネイティブの方と交流をしたり…色々ありますが、仕事の都合で英会話スクールに通うことができなかったり、ネイティブの方が身近にいない方はなかなか英会話をマスターすることができませんよね。

自宅で英会話を学習する教材は多く販売されていますが、リーディングやライティングではなく、スピーキングに特化した教材を選ぶことで1人でも英会話を学習することができます。

スピーキングに特化した英会話教材としてプライムイングリッシュとネイティブイングリッシュが有名ですが、教材や効果何が違うのでしょうか。

どちらが英会話をマスターするのに適しているか違いを比較してみました。

〇プライムイングリッシュ

聞き流すだけでは英会話はマスターできないというコンセプトのもと、1日30分、6カ月の学習を推奨しています。

ビジネス英会話ではなく、日常会話の英会話をマスターしたい方に向いています。

スピーキングの音声変化のルールに特化しており、音声変化について記号や色分け、発音表記がされ分かりやすく、さらにカタカナ表記がされているのでカタカナを読むだけでネイティブの発音ができるように工夫されています。

また、教材CDの内容も面白く、ストーリーに沿ってサンドウィッチリスニングシステムによってリスニング力も上達させます。

スロースピードのネイティブの発音を聞く→発音する→ナチュラルなスピードのネイティブ英語を聞く、という方法を繰り返し練習していくという、他の教材にはない方法を取り入れられています。

〇ネイティブイングリッシュ

聞き流すだけの英会話学習方法を取り入れていますので、通勤中や休憩中などちょっとした時間に学習することができます。

スピーキングをマスターするために教材CDの英会話フレーズ集を繰り返し学習し、フレーズの理解を深めます。

繰り返し同じ英会話のフレーズを学習することで、アウトプットしていくことを目的としています。

フレーズの使い方を紹介したDトークでは、ニュアンスやフレーズの使い方が学べ、プライムイングリッシュに比べると、決まったフレーズを覚えることに特化しているので実践的に使うことができる教材になっています。

両者の学習内容について比べてみましたが、リスニングとスピーキングをとにかくマスターしたい方はプライムイングリッシュ、よく使われるフレーズを暗記したい方にはネイティブイングリッシュがおすすめです。

気になる方はぜひそれぞれの公式サイトからチェックしてみてくださいね。

【要注目!】レビューは本当?プライムイングリッシュの私の感想

プライムイングリッシュ公式通販サイト

プライムイングリッシュ公式通販サイト
プライムイングリッシュ購入はこちら

【ネイティブイングリッシュ】公式サイトネイティブイングリッシュ公式通販サイト